読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhoneGapを使ってみた

最近は、HTML5で作られたモバイル向けWebアプリケーションをベースに、ネイティブアプリケーションを開発する、ハイブリッド型のアーキテクチャを採用するケースも増えてきているようです。
今さらですが、とりあえず、その代表的なプラットフォームであるPhoneGapを使ってみようと思いたち、最近のバージョンをベースに簡単に日本語で説明されている記事を探してみましたが、見つからなかったので、PhoneGapのサイトにある「Getting Started with iOS」を参考に、少し触ってみました。

Getting Started with iOS

インストールから、HelloWorldアプリケーションを動かすところまでの手順が説明されています。
ここでは、簡単に、そこで説明されている手順をたどってみます。

Requirements

実機を使用しないのであれば、事前に準備しておく必要があるのはは、Xcodeのみですが、ここで説明されている通り、Xcode Command Line Toolsをインストールしておく必要があります。

Install Cordova

以下のページから最新版をダウンロードして、任意の場所に展開します。
http://phonegap.com/download/

注: この記事を書いた時点の最新版は2.8.0ですが、私が試したところでは、Camera APIの一部の機能が正しく動作しなかったので、2.7.0を使っています。

Project Creation
  • Determine Project Location

このチュートリアルで作成するHelloWorldプロジェクトを配置するディレクトリを準備します。

$ mkdir ~/Documents/Cordova27
  • Open Terminal

説明の対象になっているバージョンが2.3.0となっていますが、現在はディレクトリ構成が変わっており、phonegap-2.7.0/lib/ios/bin になっているようです。
ターミナルを開いて、そのディレクトリに移動しておきます。

  • Create New Project

HelloWorldプロジェクトを作成します。

$ ./create ~/Documents/Cordova27/HelloWorld org.apache.cordova.HelloWorld HelloWorld

プロジェクトをXcodeで開くことで、実行することができます。


オプション: Camera APIのサンプルを実行してみる

HelloWorldだけでは面白くないので、もう少しPhoneGapの機能がわかるサンプルを実行してみましょう。
PhoneGapのアプリケーションは、UIWebViewにHTMLをロードすることで実行されます。デフォルトでは、作成されたプロジェクトのwww/index.htmlがアプリケーション起動時に実行されるスタートページとして設定されています。その指定は、config.xmlというファイルで行われています。

    <content src="index.html" />

通常、独自のアプリケーションを作成するときには、このindex.htmlを置換えることになります。とりあえず、PhoneGapのドキュメントに記載されている、Camera APIのサンプルを実行してみましょう。

以下の場所にある、「Full Example」の内容をコピーし、index.htmlにペーストして置換えてください。
http://docs.phonegap.com/en/2.7.0/cordova_camera_camera.md.html#camera.getPicture_full_example

Xcodeから実行すると、以下の画面に置き換わっているはずです。

デバイス固有の機能は、deviceReadyイベント後でないと使用できないので、最初は各ボタンを無効にしておいて、deviceReadyが来たら有効にするといった処理を付け加えてもいいかもしれません。

        <script src="http://code.jquery.com/jquery-1.10.1.min.js"></script>

            // Cordova is ready to be used!
            //
            function onDeviceReady() {
                pictureSource=navigator.camera.PictureSourceType;
                destinationType=navigator.camera.DestinationType;
                $(".camerabutton").removeAttr("disabled");
            }

    <body>
        <button class="camerabutton" disabled onclick="capturePhoto();">Capture Photo</button> <br>
        <button class="camerabutton" disabled onclick="capturePhotoEdit();">Capture Editable Photo</button> <br>
        <button class="camerabutton" disabled onclick="getPhoto(pictureSource.PHOTOLIBRARY);">From Photo Library</button><br>
        <button class="camerabutton" disabled onclick="getPhoto(pictureSource.SAVEDPHOTOALBUM);">From Photo Album</button><br>
        <img style="display:none;width:60px;height:60px;" id="smallImage" src="" />
        <img style="display:none;" id="largeImage" src="" />
    </body>

注:
iOS Simulatorで実行する場合には、カメラの撮影機能を動作させることはできませんのでご了承ください。
フォトアルバムに写真が入っていない場合は、事前に登録しておく必要があります。登録方法は、以下の記事が参考になるかと思います。
iPhoneシュミレータに画像を登録する方法 - satoko's blog - s21g




JavaScriptから簡単にネイティブの機能が使えるので、たしかにObjective-Cは知らなくても、iOSアプリケーションが作れてしまいますね。
尚、今回は、とりあえず使ってみることが目的だったので、UIについては二の次になっています。実際のアプリケーションでは、jQuery MobileSencha Touchといった、モバイルWebアプリケーションフレームワークと組合せることで、もっと洗練されたUIを実現することになります。そのあたりも面白そうなので、また時間があるときに調べてみたいと思います。